プエラリアの副作用

プエラリアを飲む際には、正しい飲み方を知らないと副作用が起こる心配があります。何故なら、プエラリアを飲むことで女性ホルモンであるエストロゲンの働きを活発化させるためです。エストロゲンが活発になると体にどんな作用が起こるのかを知らないと、思わぬ危険に遭う可能性もあります。プエラリアの飲み方を知らないと、生理周期が乱れたり、月経痛、月経量過多等のホルモンバランスの乱れを起こす可能性があります。それだけでは無く過剰摂取することで女性特有のガンになるリスクを高めてしまったり、万が一、癌を発症していたら症状が進行してしまうリスクがあります。プエラリアの適正量である200~400㎎を守ること、月経が始まって3~4日目から排卵期の3日位までの間だけ服用するということを守ることがオススメです。それでも生理周期の乱れなどの副作用を感じる場合には、量を減らしたりやめてみるということも視野に入れておきましょう。子宮頸がんや乳がんの検診をしっかり受けて、自分が癌を発症していないことを確認しながら飲むことがオススメです。

顔汗専用の制汗剤サラフェについてのサイトです。
おでこの汗を止める制汗剤ってあるの?

プエラリアの効果的な飲み方

女性ホルモンの分泌は生理周期によって決まっています。生理が終わった後から1週間くらいは「卵胞期」でエストロゲンの分泌量が優位になります。卵胞期の後に排卵が起きて、排卵以降は「黄体期」と言ってプロゲステロンの分泌量の方が優位になります。プエラリアは、生理周期に合わせてエストロゲンの分泌が盛んになる時期に飲むのがベストです。生理が始まって4日目位から、エストロゲンの分泌量が増えるので飲み初めて排卵日の3~4日後位までで飲むのをやめるというのを繰り返すのが効果的です。もしも、プロゲステロンの分泌が盛んになる生理前にプエラリアを飲むと、本当ならプロゲステロンの分泌が優位になる時期にエストロゲンの方が活発化してしまい、生理周期が乱れてしまいます。そうなるとバストアップができないだけでは無く、体への不調も心配されますのでエストロゲンの分泌が盛んになる時期に合わせてプエラリアを飲むように注意しましょう。エストロゲンが盛んに分泌される卵胞期は、女性の体調も良くなる時期ですし、女性が輝いて見える時期でもあります。逆にプロゲステロンの分泌量が増える生理前は、妊娠した場合に妊娠を維持する効果があるため、つわりの頃と同じように眠気や吐き気などの症状が起こりやすくなります。

ワキガに効果ありと評判のノアンデ
リアルな口コミを掲載しているサイトです。
http://www.whooz.org/