プエラリアの副作用

プエラリアを飲む際には、正しい飲み方を知らないと副作用が起こる心配があります。何故なら、プエラリアを飲むことで女性ホルモンであるエストロゲンの働きを活発化させるためです。エストロゲンが活発になると体にどんな作用が起こるのかを知らないと、思わぬ危険に遭う可能性もあります。プエラリアの飲み方を知らないと、生理周期が乱れたり、月経痛、月経量過多等のホルモンバランスの乱れを起こす可能性があります。それだけでは無く過剰摂取することで女性特有のガンになるリスクを高めてしまったり、万が一、癌を発症していたら症状が進行してしまうリスクがあります。プエラリアの適正量である200~400㎎を守ること、月経が始まって3~4日目から排卵期の3日位までの間だけ服用するということを守ることがオススメです。それでも生理周期の乱れなどの副作用を感じる場合には、量を減らしたりやめてみるということも視野に入れておきましょう。子宮頸がんや乳がんの検診をしっかり受けて、自分が癌を発症していないことを確認しながら飲むことがオススメです。

顔汗専用の制汗剤サラフェについてのサイトです。
おでこの汗を止める制汗剤ってあるの?